無料メール講座

間違った常識

 

『一からわかる仏教』メール講座は、

私が4年以上1300回以上続けてきたメールマガジンを

絞りに絞って20回にまとめ、凝縮したメール講座です。

 

では20回の内容で何をお話しするのかといえば

実に短い言葉で収まってしまいます。

【本当の幸せが仏教に教えられていること

 そしてそれは「絵に描いた餅」のように「私の幸せに関係ないもの」ではなく、どんな人もなれるものだ】

ということです。

 

結局私はこれが言いたいのだとつくづく思います。

死んだほうがましだとか、自分なんか幸せになれる資格がない、とか

何のために生まれてきたのか意味が分かんない、とか

そんな声に接するたびに、このこと一つ言いたいという気持ちになるのです。

 

仏教では「本当の幸せ」を、『信楽(しんぎょう)』と説かれています。

 

親鸞聖人は『不可称・不可説・不可思議の信楽』と書かれています。

言うこともできない、説くこともできない、想像もできない幸福だということです。

 

この20回の講座で私が「信楽(本当の幸せ)」の世界を明らかにしていくと、

おそらく「そんな幸福があるなんて信じられない」と唖然とされると思います。

(まじめに自己の心を見つめておられる方なら必ずそう思われると思います)

とても信じられないことだからです。

 

その一例をあげますと、私のメルマガをよく読んでおられる方ならご存知かと思いますが、

私はよく「一日20分の簡単な作業で月30万円の副収入」などの、情報販売の宣伝文句にだまされないように苦言を呈し、ドカッと手に入れたものはドカッと出ていきますよ、コツコツ培ったもの、あとになって表れる結果の方が強いのですよ、まいた種に応じた結果しか生えてはきませんよ、

という仏教の教えをお話ししています。

 

ところがこのたびお話しする『信楽』という幸せは、闇がぱっと晴れるように、

あっという間もなく得られることができるものです。

 

財や名声という幸せは着実な努力の結晶です。それ以外近道なしです。

しかしこのたびお話しする『信楽』という幸せは、風邪がいつとはなしに治ったように、いつのまにか感謝の心が起きていた、いつしか楽になっていた、という幸せではありません。

はっきりと心が大転換する瞬間があり、

どんな環境でも

どんな健康状態でも

たとえ刑務所の中でも

その時、その場で

「人間に生まれてきてよかった」と喜べる心の世界です。

 

その、心も言葉も絶え果てて、ただ感謝があふれる世界を

親鸞聖人は『不可称・不可説・不可思議の信楽』

と書き遺されたのです。

 

作家の倉田百三は

信楽という心の世界を大胆に表現している『歎異抄』を評して

「世界のどの経典にこんな恐ろしい、大胆な表現があるか。

 ニーチェでも、トルストイでも、ボードレールでも、これを読んだら驚くだろう。

 トルストイの如きは、82歳の家出後において死なずにこれを読んだら、更に転心して

 念仏に帰しはしなかったであろうか。」

と書いています。

 

まじめに自己を見つめ、人生を凝視してきた人ほど、そんな心の世界があったのかと驚くに違いないと

私もこの倉田百三の言葉に共感します。

 

その『信楽』とはどんな世界なのか、

またその身になることが人生の目的だとなぜ釈迦は説かれたのか

根拠を挙げつつ、20回のメール講座でお話ししてまいります。

 

あなたもこの20回のメール講座で展開される幸福をどう受け取られることでしょう。

刺激的な、心揺さぶられるような学びのある20日間になられればありがたく思います。

 


おもしろそうだなと思われた方はこちらから登録できます。

登録解除もいつでも自由なので、 一度お試しに覗いてみてください。

 

小冊子プレゼントお申込み

メールアドレス:
姓:
名: